プレミアムフラワーの花コラム

2020.9.1 new!

第37回:人生の最良の日々〜コルチカムの場合は?

 平和、愛、情熱、優美…。花言葉は大まかな、抽象的なものが多いのですが、中には妙に具体的なものもあります。コルチカム(和名・イヌサフラン)の花言葉は「私の最良の日々は過ぎ去った」と「危険な美しさ」。一体、コルチカムに何があったのでしょうか?

花の名前の由来

 コルチカムはイヌサフラン科イヌサフラン属の多年草で、原産はヨーロッパと北アフリカ。9月から10月にかけて、透明感のあるピンクや白、紫などの花を咲かせます。黒海東端の都市・コルキスにたくさん咲いていたことからコルチカムと名付けられました。

イヌは役に立たない?

 和名のイヌサフラン=写真左側=は、アヤメ科の薬草・サフラン=写真右側=の花に似ていることに由来します。植物の世界では、本物に似ているが、本物のように役に立たないものの名前の頭に「イヌ」を付けることがあります。「イヌムギ(麦)」「イヌビエ(稗)」といった類です。「犬」あるいは「否(いな)」が転じて「イヌ」になったと言われています。イヌサフランは「サフランに似ているが、サフランのように生薬や香辛料にはならない」ということで名付けられたようです。

トリカブトより強い毒を持つ

 種子や球根には悪心や下痢、呼吸困難を引き起こすコルヒチンという猛毒物質が含まれています。誤食による死亡事故は、年によっては“植物界最強の毒花”と言われるトリカブトよりも多く発生しています。コルチカムはまさに「危険な美しさ」の花言葉通りの花です。

最良の日々の意味

 それでは、もう一つの花言葉「私の最良の日々は過ぎ去った」はどうでしょうか?花言葉に関する本の何冊かには、「秋に咲くことから、まぶしかった夏を思い出している」「夏の盛りを過ぎてから咲く」などと書かれていました。この説明なら秋に咲く花全てに当てはまりますが、コルチカムの場合は寂しげな花の姿も相まって、この花言葉が生まれたのでしょう。

人生の絶頂期はいつ?

 人生は春夏秋冬になぞらえられます。夏は人生の絶頂期とされることが多いのですが、絶頂期は人によって異なり、一概には言えません。
 大学で教員をしていた頃のことです。授業の中で受講生に自由に発言してもらう時間を設けると、女子学生の一人が「私は年を取るのが怖いんです。これから一瞬一瞬、老いていくと思うと、悲しくなります」と言ったことがあります。二十歳そこらの女性が…と驚きましたが、彼女は人生の夏は10代で終わると思い込んでいたのでしょうか。

年を取るということは…

 思い詰めたような彼女の顔を見て、とっさに次のような言葉が口をついて出ました。「年を取るのは悪いことばかりではない。年齢を重ねていけば、その時々に良いこと、楽しいことも色々とある。それに、年を取ると物事を深く感じることが出来るようになる」。彼女は黙って聞いていましたが、この話が心に届いたかどうかは分かりません。
 それから10年近くが過ぎました。30代に差し掛かった彼女は、コルチカムの花言葉にとらわれず、充実した人生を切り開いているでしょうか?

※参考図書
「想いを贈る花言葉」(監修:国吉純、発行:ナツメ社)、「植物による食中毒と皮膚のかぶれ」(共著:指田豊、中山秀夫、発行:少年写真新聞社)
※参考サイト
「薬草に親しむーイヌを含む植物名」、「『イヌ』と名の付く樹木図鑑」、「mirusiru.jp」


◆ バックナンバー

2020. 9. 1 第37回:人生の最良の日々〜コルチカムの場合は?
2020. 8. 1 第36回:「菫」は愛らしい花?それとも恐ろしい花?
2020. 7. 1 第35回:花は見かけによらないもの〜七変化のランタナ
2020. 6. 1 第34回:友と語り合える日〜百日草
2020. 5. 1 第33回:慎重に行動すれば、その先に希望が〜サンザシ
2020. 4. 1 第32回:不安にかられる今、思いを託したい花〜カモミール
2020. 3. 1 第31回:「菜」の字に込められた親心〜「菜の花の沖」から
2020. 2. 1 第30回:ぺんぺん草にも花はある〜ナズナからのエール番
2020. 1. 1 第29回:松は梅より上等なの?〜松竹梅の意味合いと順番
2019.12. 1 第28回:花によって香る高さは違う〜水仙は?
2019.11. 1 第27回:サザンカ、サザンカ咲いた道
2019.10. 1 第26回:安宅の関で見かけたリンドウの“花”
2019. 9. 1 第25回:キキョウは秋の花?それとも夏の花?
2019. 8. 1 第24回:本当の月見草をご覧になりましたか?
2019. 7. 1 第23回:ユウガオ〜紫式部が悲劇のヒロインに名付けた理由は
2019. 6. 1 第22回:ヒメユリの花と学徒隊〜健気な姿と悲しい定め
2019. 5. 1 第21回:美しくて、ややこしい花たち〜アヤメかカキツバタ
2019. 4. 4 第20回:カラーは様々なイメージを持つ花
2019. 3. 1 第19回:忘れな草は幸せを祈る花
2019. 2. 1 第18回:「桃栗3年柿8年」には続きがあった〜梅の場合は
2019. 1. 1 第17回:おめでたい、あったか〜い花・フクジュソウを守ろう!
2018.12. 3 第16回:クリスマスローズ〜うつむいて咲く訳は
2018.11. 1 第15回:「シクラメンのかほり」と「ブタノマンジュウの香り」
2018.10. 1 第14回:アンネが愛したバラ
2018. 9. 1 第13回:なんて名前の花だったかな?
2018. 8. 1 第12回:キョウチクトウは希望と勇気の花〜女学生の慟哭(どうこく)の記〜
2018. 7. 2 第11回:ハスは神秘的、不思議な花〜咲く時に音がするって本当?
2018. 6. 1 第10回:あじさいを咲かそう あじさいを根づかそう
2018. 5. 1 第9回:「お花さんは人に見てもらうと喜ぶ」〜門外不出の芍薬で
2018. 4. 2 第8回:花言葉もいろいろ―気の毒なキンギョソウ
2018. 3. 1 第7回:世界のランを見てきました
2018. 2. 1 第6回:幸せが飛んでくる胡蝶蘭
2018. 1. 1 第5回:日本最古の蘭を求めて
2017.12. 1 第4回:ポインセチアは心浮き立つ花
2017.10.20 第3回:コスモスとコスモスの営み
2017.10. 4 第2回:眺めて愛で、食して愛でる阿房宮
2017. 9. 4 第1回:花と生きる - ハマギク -

コラムライターのご紹介

福田徹(ふくだ とおる)

元読売新聞大阪本社編集委員。社会部記者、ドイツなどの海外特派員、読売テレビ「読売新聞ニュース」解説者、新聞を教育に活用するNIE(Newspaper in Education)学会理事などを歴任、武庫川女子大学広報室長、立命館大学講師などを勤めました。
花の紀行文を手掛けたのをきっかけに花への興味が沸き、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのが趣味になりました。月ごとに旬の花を取り上げ、花にまつわる話、心安らぐ花の写真などをお届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

0120-99-4187(フリーダイヤル)
平日9時〜17時:
フラワーコンシェルジュ対応・電話注文
365日24時間受付:
簡単な納期などのご質問・緊急のご連絡

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF