プレミアムフラワーの花コラム

2019.10.1 new!

第26回:安宅の関で見かけたリンドウの“花”

 北陸旅行をした折に、安宅の関(あたかのせき、石川県小松市)に立ち寄りました。兄・源頼朝に追われた山伏姿の義経一行が、安宅の関を関守・富樫泰家の情けで通過出来たという歌舞伎の「勧進帳」の舞台になったところです。右側の門柱に「安宅之関」と書かれ、左側の門柱にはリンドウの花3輪と5枚の葉を扇状にあしらったデザインの紋が描かれていました=写真=。

リンドウは源氏ゆかりの花

 源氏の代表紋と言われる笹竜胆(ササリンドウ)=写真=です。日本で最も古い家紋とされ、歌舞伎では「勧進帳」の他に「曽我の仇討」などにも登場する源氏ゆかりの人物は笹竜胆の家紋が付いた衣装を着ています。

北条政子が頼朝にリンドウを捧げた?

 鎌倉市は源頼朝が幕府を開いた地にちなんで、1952年に笹竜胆の市章=写真=を制定しました。同市のホームページによると、頼朝が実際に竜胆紋を使っていたという確かな根拠はありませんが、頼朝が狩りをした際、乙女からリンドウを捧げられたという話があります。この乙女が後に頼朝の妻(北条政子)になったことから、リンドウが源氏の家紋になったと言い伝えられています。

葉が笹に似ているから笹竜胆

 リンドウ=写真=は9月から11月にかけての晴れた日だけ、本州や四国、九州で咲く山野草です。釣鐘のような形をした紫の花というイメージが強いのですが、白やピンクの花もあります。語源は、漢方薬になる根が竜の胆のうのように苦いことから竜胆(りゅうたん)と名づけられ、それが変化して「りんどう」になったと言われています。
 「万葉集品物解(ひんぶつかい)」に「龍胆は向陽の山野に多く生ゆ、葉は竹葉の如くにして短し、故に笹龍胆という。」という記述があります。葉の形が笹に似ていることから、笹竜胆とも呼ばれるようになりました。

リンドウは数多くの家紋になった

 笹竜胆は源平時代(11〜12世紀)から、源氏の他にも池田氏(尾張)の「池田三つ龍胆」=写真右=や有馬氏(摂津)の「龍胆車」=写真左=など多くの武家や公家の家紋に使われてきました。「リンドウ」の文字を見れば花が思い浮かびますが、「笹竜胆」では花そのものよりも家紋を連想する人が多いのではないでしょうか。

リンドウが家紋になった理由は?

 それでは、どうして笹竜胆が家のシンボルである家紋に選ばれたのでしょうか?理由の一つが色にあるのは間違いないでしょう。聖徳太子が制定した日本最初の位階制度「冠位十二階」では、紫は最高位の色とされています。紫の法衣は高位の僧侶が着用するのが一般的です。紫は高貴な色というイメージが好まれたと考えられます。
 さらには、優美で描きやすい形も家紋の条件に合ったようです。この他には理由はなかったでしょうか?

一族の思いをリンドウの花言葉に託した?

 リンドウ=写真=の花言葉は『悲しんでいるあなたを愛する』。どんな状況でも、あなたを愛する。家族同士の思いやりに通じる言葉ですので、「一族の思いを花言葉に託したのが家紋」と結論づけられれば、このコラムは都合よく終わります。しかし、花言葉が外国から日本に伝わったのは19世紀。源平時代は、そのはるか前ですので、残念ながら家紋と花言葉を結び付けることは出来ないようです。

※参考図書
「家紋から日本の歴史を探る」(編集:インデックス編集部編、発行:インデックス)
「家紋と苗字」(著者:網本光悦、発行:西東社)

※参考サイト
「鎌倉市 市のシンボル」
「みんなの趣味の園芸 リンドウ」
「花言葉‐由来」


◆ バックナンバー

2019. 10. 1 第26回:安宅の関で見かけたリンドウの“花”
2019. 9. 1 第25回:キキョウは秋の花?それとも夏の花?
2019. 8. 1 第24回:本当の月見草をご覧になりましたか?
2019. 7. 1 第23回:ユウガオ〜紫式部が悲劇のヒロインに名付けた理由は
2019. 6. 1 第22回:ヒメユリの花と学徒隊〜健気な姿と悲しい定め
2019. 5. 1 第21回:美しくて、ややこしい花たち〜アヤメかカキツバタ
2019. 4. 4 第20回:カラーは様々なイメージを持つ花
2019. 3. 1 第19回:忘れな草は幸せを祈る花
2019. 2. 1 第18回:「桃栗3年柿8年」には続きがあった〜梅の場合は
2019. 1. 1 第17回:おめでたい、あったか〜い花・フクジュソウを守ろう!
2018. 12. 3 第16回:クリスマスローズ〜うつむいて咲く訳は
2018. 11. 1 第15回:「シクラメンのかほり」と「ブタノマンジュウの香り」
2018. 10. 1 第14回:アンネが愛したバラ
2018. 9. 1 第13回:なんて名前の花だったかな?
2018. 8. 1 第12回:キョウチクトウは希望と勇気の花〜女学生の慟哭(どうこく)の記〜
2018. 7. 2 第11回:ハスは神秘的、不思議な花〜咲く時に音がするって本当?
2018. 6. 1 第10回:あじさいを咲かそう あじさいを根づかそう
2018. 5. 1 第9回:「お花さんは人に見てもらうと喜ぶ」〜門外不出の芍薬で
2018. 4. 2 第8回:花言葉もいろいろ―気の毒なキンギョソウ
2018. 3. 1 第7回:世界のランを見てきました
2018. 2. 1 第6回:幸せが飛んでくる胡蝶蘭
2018. 1. 1 第5回:日本最古の蘭を求めて
2017.12. 1 第4回:ポインセチアは心浮き立つ花
2017.10.20 第3回:コスモスとコスモスの営み
2017.10. 4 第2回:眺めて愛で、食して愛でる阿房宮
2017. 9. 4 第1回:花と生きる - ハマギク -

コラムライターのご紹介

テツ:

元大手新聞記者。社会部記者、海外特派員、テレビ解説者、編集委員などを務めました。
花が大好きで、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのを趣味にしています。
花を愛する皆さまに、花にまつわるお話、心安らぐ花の写真などを不定期ではありますが、お届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

フリーダイヤル:0120-99-4187
*電話注文・フラワーコンシェルジュ対応:平日9時〜18時
*納期等の簡単なご質問・緊急のお問合せ:365日24時間受付

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF
  • FAX注文書 ページ印刷用

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ