プレミアムフラワーの花コラム

2020.1.1 new!

第29回:松は梅より上等なの?〜松竹梅の意味合いと順番

 令和初のお正月を迎えました。かつては家々の玄関先で見かけた門松は少なくなりましたが、デパートなど商業施設に飾られた門松が新春ムードを盛り上げています。門松になくてはならないものは、祝い事、喜び事の象徴である松、竹、梅。梅はまだ咲いていないので、造花で間に合わせたものが多いようです。

松竹梅の3点セットは中国で生まれた

 数ある植物の中で、どうして松竹梅が縁起物になったのでしょうか?厳しい寒さの中で松と竹は緑を保ち、梅は花を咲かせる。この特性が好まれ、中国では古くから歳寒三友(さいかんのさんゆう)と呼ばれ、絵画に描かれてきました。日本と中国の古典に詳しい中国の韓☆(☆は雨冠に文の異体字。英語表記はWen Han)博士は論文「日中『松竹梅』の比較研究」の中で、松竹梅が3点セットで描かれるようになったのは南宋の時代(1127〜1279年)からだと推定しています。

形と色彩が見事に調和

 いつ日本に伝来したのかは不明ですが、江戸時代には民間で流行していたことが分かっています。松竹梅の取り合わせは、形といい色彩といい見事に調和が取れています。このことが、日本人の感性にピッタリ合い、絵画だけでなく、文様、染色、生け花など様々な分野で取り上げられるようになりました。

松竹梅の意味合いは日中で異なる

 興味深いのは、松竹梅の意味合いが日本と中国で違う形で変化していったことです。韓博士によると、松竹梅は日本では「門松などの古来の風習と融合し、民族的、日常的な縁起物になった」が、中国では「繁栄や長寿を祈る意がしだいに薄くなり、専ら君子の高尚な美徳を象徴するもの」になりました。また「日本の松竹梅の中で『マツ』が主役であるのに対して、中国の松竹梅には『ウメ』が欠かせない植物である」とも指摘しています。日中文化の違いが、松竹梅のイメージに反映したのでしょう。

松は高くて、竹はそこそこで、梅は安い?

 松竹梅は三つの等級にも使われます。お寿司屋さんで「松」と注文すれば、大概はトロやウニの入った高価な握りが出てきます。日本料理では「特上」は松、「上」は竹、「並」は梅と名付けるお店が多く、逆の順番は少数派のようです。江戸時代は遊女の格付けにも使われました。最も格の高い太夫(たゆう)は「松」、次の天神は「竹」、その次の囲(かこい)は「梅」と呼ばれました。

もともとは松竹梅に序列はなかった

 松は梅よりも高くて上等ということになりますが、どうして松竹梅の順序になったのでしょうか?「語呂がいいから」という説があります。確かに「梅竹松(ばいちくしょう)」「竹梅松(ちくばいしょう)」ではしっくりきませんが、これは慣れということもあるでしょう。この他、「松は仙人が食べるという言い伝えがあるから、最高級になった」「お目出度いものとして定着した順番」など色々な説がありますが、どの説も、もともとは松竹梅に序列はなかったという点では一致しています。

みんなちがって、みんないい

 懐が寒くても、お寿司屋さんでは「並」とは注文しにくいものです。そうした消費者の心理に配慮して松竹梅が等級に割り当てられたとも言えますが、いやはや「並」の代わりに使われた梅にとっては迷惑な話です。金子みすゞの詩「私と小鳥と鈴と」にあるように、松竹梅は「みんなちがって、みんないい」ものです。順番にこだわらず、どれも大切にしていきたいものです。

※参考図書
「日中『松竹梅』の比較研究」(2011年、著者:韓☆=☆は雨冠に文の異体字=、出版:創価大学日本語日本文学会)
「開運!日本の伝統文様」(監修:水野惠司監修、著者:藤依里子、発行:日本実業出版社)
「永遠の詩 金子みすゞ」(著者:金子みすゞ、発行:小学館)
※参考サイト
「松竹梅/宝酒造株式会社」
「近松門左衛門/文化デジタルライブラリー」
「なぜ松竹梅でランクが違うのか?/10MTVオピニオン」


◆ バックナンバー

2020. 1. 1 第29回:松は梅より上等なの?〜松竹梅の意味合いと順番
2019.12. 1 第28回:花によって香る高さは違う〜水仙は?
2019.11. 1 第27回:サザンカ、サザンカ咲いた道
2019.10. 1 第26回:安宅の関で見かけたリンドウの“花”
2019. 9. 1 第25回:キキョウは秋の花?それとも夏の花?
2019. 8. 1 第24回:本当の月見草をご覧になりましたか?
2019. 7. 1 第23回:ユウガオ〜紫式部が悲劇のヒロインに名付けた理由は
2019. 6. 1 第22回:ヒメユリの花と学徒隊〜健気な姿と悲しい定め
2019. 5. 1 第21回:美しくて、ややこしい花たち〜アヤメかカキツバタ
2019. 4. 4 第20回:カラーは様々なイメージを持つ花
2019. 3. 1 第19回:忘れな草は幸せを祈る花
2019. 2. 1 第18回:「桃栗3年柿8年」には続きがあった〜梅の場合は
2019. 1. 1 第17回:おめでたい、あったか〜い花・フクジュソウを守ろう!
2018.12. 3 第16回:クリスマスローズ〜うつむいて咲く訳は
2018.11. 1 第15回:「シクラメンのかほり」と「ブタノマンジュウの香り」
2018.10. 1 第14回:アンネが愛したバラ
2018. 9. 1 第13回:なんて名前の花だったかな?
2018. 8. 1 第12回:キョウチクトウは希望と勇気の花〜女学生の慟哭(どうこく)の記〜
2018. 7. 2 第11回:ハスは神秘的、不思議な花〜咲く時に音がするって本当?
2018. 6. 1 第10回:あじさいを咲かそう あじさいを根づかそう
2018. 5. 1 第9回:「お花さんは人に見てもらうと喜ぶ」〜門外不出の芍薬で
2018. 4. 2 第8回:花言葉もいろいろ―気の毒なキンギョソウ
2018. 3. 1 第7回:世界のランを見てきました
2018. 2. 1 第6回:幸せが飛んでくる胡蝶蘭
2018. 1. 1 第5回:日本最古の蘭を求めて
2017.12. 1 第4回:ポインセチアは心浮き立つ花
2017.10.20 第3回:コスモスとコスモスの営み
2017.10. 4 第2回:眺めて愛で、食して愛でる阿房宮
2017. 9. 4 第1回:花と生きる - ハマギク -

コラムライターのご紹介

テツ:

元大手新聞記者。社会部記者、海外特派員、テレビ解説者、編集委員などを務めました。
花が大好きで、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのを趣味にしています。
花を愛する皆さまに、花にまつわるお話、心安らぐ花の写真などを不定期ではありますが、お届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

フリーダイヤル:0120-99-4187
*電話注文・フラワーコンシェルジュ対応:平日9時〜17時
*納期等の簡単なご質問・緊急のお問合せ:365日24時間受付

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF