プレミアムフラワーの花コラム

2020.6.1 new!

第34回:友と語り合える日〜百日草

 緊急事態宣言が解除され、街は徐々に活気を取り戻してきました。しかし、新型コロナウィルスがなくなった訳でも、感染症対策に有効なワクチンが実用化された訳でもありません。ここで油断すると感染症は再流行するかもしれないので、どこまで以前の生活に戻っていいのかは悩ましいところです。

「不在の友を思う」花が店先に

 「STAY HOME」の生活が続きました。久しぶりに友人と会い、あれこれと語り合いたいとは思いますが、今はまだ連絡を取れていません。折しも花屋さんの店先には「不在の友を思う」が花言葉の百日草(学名ジニア)が並び始めました。

100日よりもっと長く咲く花

 百日草はキク科ヒャクニチソウ(ジニア)属の一年生の草本です。5月の終わりから10月頃にかけて、赤、ピンク、オレンジ、黄、白など色とりどりの直径3〜15pの花をつけます。開花期間が長いことにちなんで百日草の名前が付けられましたが、実際には100日よりもっと長く咲きます。ウラシマソウ(浦島草)やチョウキュウソウ(長久草)と呼ばれるのも頷けます。
 ガーデニングの格好の素材ですが、切り花にしても花持ちが良いことから仏花としても重宝がられています。

時の経過とともに…

 時の経過とともに、会えない人への思いは強くなっていきます。期間が長いとついつい気が緩むこともあります。そこで、「不在の友を思う」と「注意を怠るな」の花言葉が生まれました。

しり取りのような『アリスンの百日草』

 百日草をテーマにした本はないかと探してみたら、しり取りのような面白い構成の絵本がありました。『アリスンの百日草(Alison's Zinnia)』。ポーランドで生まれ、ナチスの迫害に遭い、後に渡米して、絵本作家、挿絵画家として活躍しているアニタ・ローベル(1934〜)の作品です。
 ところが、この絵本は最寄りの図書館の蔵書リストにありません。発行元の『らんか社』に問い合わせると「絶版の書籍です。在庫はなく、重版の予定もありません」というメールが返ってきました。入手が難しいと分かると、なおさら読みたくなり、ネットで探すと中古本が見つかりました。

女の子と花と動詞がアルファベット順で登場

 様々な形、色の花が表紙からはみ出しそうな勢いで、生き生きと描かれています。最初のページを開くと、大きなアマリリスの絵の下に『Alison acquired an Amaryllis for Beryl.(アリスンはベリルのためにアマリリスを手に入れました。)』の説明。女の子と花の名前、そして動詞のイニシャルは「A」で統一されています。
 2ページ目はベゴニアの絵の下に『Beryl bought a Begonia for Crystal.(ベリルはクリスタルのためにベゴニアを買いました。)』。次はイニシャルが「B」で統一されています。このように、女の子がアルファベット順に登場し、次の子のために花を見つけたり買ったり、花に霧を吹きかけたり水をやったりしていきます。

優しさと思いやりのバトンリレー

 最後のページは、百日草の絵の下に『Zena zeroed in on a Zinnia for Alison』。アルファベットの最後がイニシャルのジーナが、最初のアリスンのためにZinnia(百日草)を選んだところで終わります。アリスンはベリルのためにベゴニアを手に入れましたが、回りまわってアリスンもジーナから百日草を贈られることになります。

幼い日の原体験

 子供たちが優しさ、思いやりを、花をバトンにして次々とリレーしていくという素敵なお話でした。この絵本には、幼い日にナチスに追われて身を潜めて生活した作者ローベルの原体験が反映されているのでしょう。息が詰まるような生活の中ででも、人々が助け合って生きる姿を、彼女は目の当たりにしたのに違いありません。

支え、支えられて生きている

 ひるがえって今、私たちはコロナ禍の中で息をひそめるようにして毎日を送っています。巣ごもりの生活が長くなると、人との関係が希薄になり、一人っきりで生きているような錯覚さえしてきます。この絵本は「どんな時も、人は一人で生きているのではない。支え、支えられて生きている」と訴えているような気がしてなりません。

百日草が盛りを迎えるとともに……

 百日草は暑さに強く、夏の日差しの中でも元気いっぱいに咲きます。一方、ウィルスは一般的には高温多湿の季節は不活性化すると言われています。百日草が盛りを迎えるとともに感染症の流行が収まり、友人と心置きなく語り合えるようになればいいのですが……。

※参考図書
「みんなの趣味の園芸」(NHK出版)
「アリスンの百日草」(作・絵:アニタ・ローベル、訳:青木久子、出版:らんか社)
※参考サイト
「いわさきちひろ記念事業団 アニタ・ローベル」
「絵本のノート アリソンの百日草」
「花言葉―由来」


◆ バックナンバー

2020. 6. 1 第34回:友と語り合える日〜百日草
2020. 5. 1 第33回:慎重に行動すれば、その先に希望が〜サンザシ
2020. 4. 1 第32回:不安にかられる今、思いを託したい花〜カモミール
2020. 3. 1 第31回:「菜」の字に込められた親心〜「菜の花の沖」から
2020. 2. 1 第30回:ぺんぺん草にも花はある〜ナズナからのエール番
2020. 1. 1 第29回:松は梅より上等なの?〜松竹梅の意味合いと順番
2019.12. 1 第28回:花によって香る高さは違う〜水仙は?
2019.11. 1 第27回:サザンカ、サザンカ咲いた道
2019.10. 1 第26回:安宅の関で見かけたリンドウの“花”
2019. 9. 1 第25回:キキョウは秋の花?それとも夏の花?
2019. 8. 1 第24回:本当の月見草をご覧になりましたか?
2019. 7. 1 第23回:ユウガオ〜紫式部が悲劇のヒロインに名付けた理由は
2019. 6. 1 第22回:ヒメユリの花と学徒隊〜健気な姿と悲しい定め
2019. 5. 1 第21回:美しくて、ややこしい花たち〜アヤメかカキツバタ
2019. 4. 4 第20回:カラーは様々なイメージを持つ花
2019. 3. 1 第19回:忘れな草は幸せを祈る花
2019. 2. 1 第18回:「桃栗3年柿8年」には続きがあった〜梅の場合は
2019. 1. 1 第17回:おめでたい、あったか〜い花・フクジュソウを守ろう!
2018.12. 3 第16回:クリスマスローズ〜うつむいて咲く訳は
2018.11. 1 第15回:「シクラメンのかほり」と「ブタノマンジュウの香り」
2018.10. 1 第14回:アンネが愛したバラ
2018. 9. 1 第13回:なんて名前の花だったかな?
2018. 8. 1 第12回:キョウチクトウは希望と勇気の花〜女学生の慟哭(どうこく)の記〜
2018. 7. 2 第11回:ハスは神秘的、不思議な花〜咲く時に音がするって本当?
2018. 6. 1 第10回:あじさいを咲かそう あじさいを根づかそう
2018. 5. 1 第9回:「お花さんは人に見てもらうと喜ぶ」〜門外不出の芍薬で
2018. 4. 2 第8回:花言葉もいろいろ―気の毒なキンギョソウ
2018. 3. 1 第7回:世界のランを見てきました
2018. 2. 1 第6回:幸せが飛んでくる胡蝶蘭
2018. 1. 1 第5回:日本最古の蘭を求めて
2017.12. 1 第4回:ポインセチアは心浮き立つ花
2017.10.20 第3回:コスモスとコスモスの営み
2017.10. 4 第2回:眺めて愛で、食して愛でる阿房宮
2017. 9. 4 第1回:花と生きる - ハマギク -

コラムライターのご紹介

テツ:

元大手新聞記者。社会部記者、海外特派員、テレビ解説者、編集委員などを務めました。
花が大好きで、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのを趣味にしています。
花を愛する皆さまに、花にまつわるお話、心安らぐ花の写真などを不定期ではありますが、お届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

0120-99-4187(フリーダイヤル)
平日9時〜17時:
フラワーコンシェルジュ対応・電話注文
365日24時間受付:
簡単な納期などのご質問・緊急のご連絡

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF