胡蝶蘭・観葉植物を全国に配達します|お祝い通販(販売・宅配)サイト

  • HOME
  • カゴを見る
  • ログイン
  • マイページ

プレミアムフラワーの花コラム

2021.9.1 new!

第49回:キンモクセイのプルースト効果

 煮物の匂いがすると、夕餉の団らんを思い出す。あの香水の香りをかぐと、昔の恋人が目に浮かぶ…。特定の匂い、香りが、それに結び付く情景や人、感情、記憶を呼び起こす現象をプルースト効果と言います。
 フランスの作家マルセル・プルースト(1871~1922)の小説「失われた時を求めて」に、主人公がマドレーヌを紅茶に浸した時、その香りで幼少時代を思い出す場面があることから、この名前が付きました。それでは、「秋の香り」キンモクセイ(金木犀)には、どんなプルースト効果があるのでしょうか?

樹皮がサイの足に似ているから

 キンモクセイはモクセイ科モクセイ属の高さ4mほどになる常緑小高樹です。9月から10月にかけてオレンジ色の小さな花を咲かせます。中国が原産の雌雄異株で、樹皮=写真左側=が犀(さい)の足に似ていることから「木犀」と名付けられました。白い花が咲くギンモクセイ=写真右側=の変種で、オレンジ色の花を金に見立てて、キンモクセイと呼ばれるようになりました。
 日本へは江戸時代に雄株だけが渡来しました。雌株がないので自然には分布せず、挿し木によって庭木や街路樹として、北海道と沖縄を除く日本各地で増えていきました。

9里離れた所まで香りが届く

 キンモクセイは、春のジンチョウゲ=写真左側=、夏のクチナシ=写真右側=とともに、強い香りを放つ「三大芳香花」と言われます。別名は「九里香」。花の香りが9里離れた所まで届くという意味です。ジンチョウゲの別名は「七里香」ですので、キンモクセイの香りは、より強いことになります。

香りと結びつく情動は?

 五感の中で嗅覚だけは、本能的な行動や喜怒哀楽などの感情を司る大脳辺縁系に直接つながっているので、より情動と結び付きやすいと言われています。
 キンモクセイの香りは、どんな情動と結び付くのでしょうか?秋に起こった忘れられない出来事、風景、人……。秋のイメージと重なって、ロマンチックな、もの悲しい思いを抱く人が多いかもしれません。

トイレの香り?

 ところが、一定の年齢以上の人の中では、何とトイレを連想する人も少なくありません。ひと昔前は、キンモクセイは家庭や公園のトイレのそばによく植えられていました。トイレの消臭剤も、ほとんどがキンモクセイの香りでした。この花の強い香りがトイレの匂いを打ち消すと思われていたのです。このため、キンモクセイには「便所花」という、気の毒な呼び名を付けられたこともありました。

キンモクセイの本来の香り

 キンモクセイの香りは、今でも芳香剤、消臭剤によく使われますが、最近では以前ほどトイレ用に特化して使われなくなりました。トイレが水洗化されたので、あえて強い香りの消臭剤を使う必要がなくなったからです。時代の流れで、キンモクセイの甘く、爽やかな香りはフィルターを通さずに、本来の姿が評価されるようになってきたとも言えます。

マスク越しでも香る季節に

 新型コロナウィルスが拡大し、感染予防に心を砕く日々続きますが、マスク越しでもキンモクセイの香りを楽しめる季節になりました。この秋の体験が人それぞれ、新たなプルースト効果を生み出していくでしょう。

※参考図書
「日本の花を愛おしむ」(著者:田中修、発行所:中央公論新社)

※参考サイト
「日本薬学会 生薬の花 キンモクセイ」
「においと記憶 日医on-line 富田雅義」
「産経WEST『関西の議論』強烈だから香水、クリームで再来!? 1916/4/16」

◆ バックナンバー

2021. 9. 1 第49回:キンモクセイのプルースト効果
2021. 8. 1 第48回:ムクゲに込められた思い
2021. 7. 1 第47回:絹のレース編み?それとも“花の骸骨”?~カラスウリ
2021. 6. 1 第46回:ユリ~ウイルスに負けない花
2021. 5. 6 第45回:終わり方は花さまざま~エゴノキは可愛らしく
2021. 4. 5 第44回:穏やかに暮らせる幸せを再び~スズランに託して
2021. 3. 1 第43回:タンポポの咲く季節は
2021. 2. 1 第42回:沈丁花の希望の香り
2021. 1. 1 第41回:赤い実に願いを込めて
2020. 12. 1 第40回:紅花の咲く頃は~二十四節気と七十二候
2020. 11. 1 第39回:パンデミック下の再生の匂い~ヒース(エリカ)の花
2020. 10. 1 第38回:新内閣に贈られた胡蝶蘭~花言葉のような政治を
2020. 9. 1 第37回:人生の最良の日々~コルチカムの場合は?
2020. 8. 1 第36回:「菫」は愛らしい花?それとも恐ろしい花?
2020. 7. 1 第35回:花は見かけによらないもの~七変化のランタナ
2020. 6. 1 第34回:友と語り合える日~百日草
2020. 5. 1 第33回:慎重に行動すれば、その先に希望が~サンザシ
2020. 4. 1 第32回:不安にかられる今、思いを託したい花~カモミール
2020. 3. 1 第31回:「菜」の字に込められた親心~「菜の花の沖」から
2020. 2. 1 第30回:ぺんぺん草にも花はある~ナズナからのエール番
2020. 1. 1 第29回:松は梅より上等なの?~松竹梅の意味合いと順番
2019.12. 1 第28回:花によって香る高さは違う~水仙は?
2019.11. 1 第27回:サザンカ、サザンカ咲いた道
2019.10. 1 第26回:安宅の関で見かけたリンドウの“花”
2019. 9. 1 第25回:キキョウは秋の花?それとも夏の花?
2019. 8. 1 第24回:本当の月見草をご覧になりましたか?
2019. 7. 1 第23回:ユウガオ~紫式部が悲劇のヒロインに名付けた理由は
2019. 6. 1 第22回:ヒメユリの花と学徒隊~健気な姿と悲しい定め
2019. 5. 1 第21回:美しくて、ややこしい花たち~アヤメかカキツバタ
2019. 4. 4 第20回:カラーは様々なイメージを持つ花
2019. 3. 1 第19回:忘れな草は幸せを祈る花
2019. 2. 1 第18回:「桃栗3年柿8年」には続きがあった~梅の場合は
2019. 1. 1 第17回:おめでたい、あったか~い花・フクジュソウを守ろう!
2018.12. 3 第16回:クリスマスローズ~うつむいて咲く訳は
2018.11. 1 第15回:「シクラメンのかほり」と「ブタノマンジュウの香り」
2018.10. 1 第14回:アンネが愛したバラ
2018. 9. 1 第13回:なんて名前の花だったかな?
2018. 8. 1 第12回:キョウチクトウは希望と勇気の花~女学生の慟哭(どうこく)の記~
2018. 7. 2 第11回:ハスは神秘的、不思議な花~咲く時に音がするって本当?
2018. 6. 1 第10回:あじさいを咲かそう あじさいを根づかそう
2018. 5. 1 第9回:「お花さんは人に見てもらうと喜ぶ」~門外不出の芍薬で
2018. 4. 2 第8回:花言葉もいろいろ―気の毒なキンギョソウ
2018. 3. 1 第7回:世界のランを見てきました
2018. 2. 1 第6回:幸せが飛んでくる胡蝶蘭
2018. 1. 1 第5回:日本最古の蘭を求めて
2017.12. 1 第4回:ポインセチアは心浮き立つ花
2017.10.20 第3回:コスモスとコスモスの営み
2017.10. 4 第2回:眺めて愛で、食して愛でる阿房宮
2017. 9. 4 第1回:花と生きる - ハマギク -

コラムライターのご紹介

福田徹(ふくだ とおる)

元読売新聞大阪本社編集委員。社会部記者、ドイツなどの海外特派員、読売テレビ「読売新聞ニュース」解説者、新聞を教育に活用するNIE(Newspaper in Education)学会理事などを歴任、武庫川女子大学広報室長、立命館大学講師などを勤めました。
花の紀行文を手掛けたのをきっかけに花への興味が沸き、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのが趣味になりました。月ごとに旬の花を取り上げ、花にまつわる話、心安らぐ花の写真などをお届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

法人のお客様へ 送料全国無料

ページトップへ