胡蝶蘭専門店 通販・販売|お祝いギフトを全国へ宅配・配送・配達します

  • HOME
  • カゴを見る
  • ログイン
  • マイページ

花コラム

第11回:ハスは神秘的、不思議な花~咲く時に音がするって本当?

プレミアムフラワーの花コラム

2018.7.2

第11回:ハスは神秘的、不思議な花~咲く時に音がするって本当?

 7月の誕生花・ハス(蓮)の花が咲き始めました。ハスの地下茎のレンコン(蓮根)は揚げても炒めても美味しい身近な食材ですが、花は清らかな神聖な植物とされています。

仏教と深い関り

ハスは神秘的、不思議な花

 池の底の泥の中に根を張り、茎を伸ばして水面に美しい花を咲かせる姿は「蓮は泥より出でて泥に染まらず」(中国の成句)と言われ、人間社会の中で悟りを求める菩薩道にたとえられました。如来や菩薩は、蓮の花の形をした蓮華座の上に座っています。香炉などの仏具やお供えの砂糖菓子は蓮の形をしています。お寺の庭の池に植えられていることが多いのは、仏教との関りが深い花だからでしょう。

咲く時にポンという音がする!?

ハスは神秘的、不思議な花

 ハスは神秘的、不思議な花です。葉っぱの上で水滴は生き物のように動き回り、花は早朝に咲いて昼前には閉じるということを繰り返し、3、4日後には命を終えます。
不思議と言えば。昔からハスは花が咲くときに「ポン」という音がすると言われています。正岡子規も『蓮開く 音聞く人か 朝まだき』と詠んでいますが、本当に音はするのでしょうか? 同じ疑問を持つ人は多いようです。古くから、ハスを鑑賞する観蓮会(かんれんえ)は全国各地で開かれ、何人もの人が音を聞こうと試みてきました。

音がするかしないかが、天下の大問題に

 ハスの研究で有名な植物学者・大賀一郎氏が著した「ハスと共に六十年」(1965年、アポロン社刊)によると、東京・上野の不忍池では1935年から毎年のように観蓮会が開かれました。参加者全員が耳を澄ましましたが、音は聞こえず、『報道陣に対してハスの開花の無音無声の衆議を発表したところが、誠に、実に、天下の大問題となり、国の内外が喧々囂々(けんけんごうごう)、投書が東西各新聞の社会欄をにぎわした』とあります。今で言うなら、「音がするかしないか?」がテレビのワイドショーで連日、大きな話題になったというところでしょうか。

実際に音を聞いた人は?

ハスは神秘的、不思議な花

 そして、大賀氏は『この後、年と共に騒ぎは漸次に下火となり、世は無音無声に傾くようになった』と記しています。その後も、「花の咲く音を聞いた人がいるらしい」と言う人はいても、「私は聞いた」「録音した」と言う人は現れません。子規も、音を聞こうとする人のことを詠っていますが、実際に聞いたかどうかには触れていません。どうやら、「音がする」というのは俗説だったようです。

観蓮会にはICレコーダー

ハスは神秘的、不思議な花

 それでも、水面にポッカリと浮かぶハスを見ていると、いかにも花びらが音を立てて開いたように思えてきます。これが、ハスの持つ神秘性なのでしょう。
来週末に隣りの町の公園で、観蓮会が開かれます。花が咲く時間に合わせて午前6時に集合ということですが、頑張って早起きして参加しようと思っています。念のため、ICレコーダーを持って行くつもりです。

※他の参考図書
「なぜ仏像はハスの花の上に座っているのか」(稲垣栄洋著、2015年、幻冬舎刊)

◆ 他の記事 

プレミアムフラワーの花コラム
コラムトップに戻る

コラムライターのご紹介

福田徹(ふくだ とおる)

元読売新聞大阪本社編集委員。社会部記者、ドイツなどの海外特派員、読売テレビ「読売新聞ニュース」解説者、新聞を教育に活用するNIE(Newspaper in Education)学会理事などを歴任、武庫川女子大学広報室長、立命館大学講師などを勤めました。
花の紀行文を手掛けたのをきっかけに花への興味が沸き、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのが趣味になりました。月ごとに旬の花を取り上げ、花にまつわる話、心安らぐ花の写真などをお届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。
お問い合わせ

法人のお客様へ 送料全国無料

ページトップへ