胡蝶蘭専門店 通販・販売|お祝いギフトを全国へ宅配・配送・配達します

  • HOME
  • カゴを見る
  • ログイン
  • マイページ

花コラム

第3回:コスモスとコスモスの営み

プレミアムフラワーの花コラム

2017.10.20

第3回:コスモスとコスモスの営み

コスモスとコスモスの営み

どこでも見られる身近な花

 花の名所は数多くありますが、コスモスほど全国各地で身近に見られる花はそうはありません。9月から11月にかけて、近くの公園や河原、休耕田などで、白、黄、ピンクと色とりどりの花が咲き競います。親しみのある花ということで、60以上の自治体のシンボルの花にもなっています。 コスモスは明治時代にメキシコから日本にやってきた外来種ですが、水やりや施肥をしなくても生育する、強い花です。そこで、空いた土地にコスモスを植え、観光資源として活用するケースが多くなったのでしょう。

花と宇宙

花と宇宙

 コスモスの語源は、「美しい」「秩序」「調和」を意味するギリシャ語の『kosmos』。花びらが綺麗に並び、整然と咲く様から名付けられたとか。統一された秩序である「宇宙(cosmos)」も同じ語源です。花と宇宙が「秩序」つながりで、同じ名前になった訳です。

夢コスモス園

 京都・亀岡の「夢コスモス園」に行ってきました。JR京都駅から西へ約20?の山間部。甲子園球場の3倍以上、4ヘクタールの休耕田に、20品種、約800万本ものコスモスが咲く、近畿有数の規模を誇るコスモス畑です。 見渡す限り、胸元ぐらいの高さのスモスがびっしり。見慣れた「センセーション」のほかに、「イエローキャンパス」「ハッピーリング」など珍しい品種も。中には深紅に近い色や紫がかった花もあります。香りはほとんどしない花と聞いていましたが、秋風に乗って、ほのかな香りも漂っていました。

コスモスとピコ太郎

コスモスとピコ太郎

 奥の方に行くとリンゴと鉛筆を手にしたピコ太郎の案山子が立っていました。近くに「創作かかしコンテスト開催中」の立て看板。派手なピコ太郎の衣装と背景の色とりどりのコスモスは結構、合っていました。他にも、「美女と野獣」や「お地蔵様」「元気なおばあちゃん」などをテーマにした、楽しい創作案山子がズラリと並んでいました。

秋の日は釣瓶(つるべ)落とし

 午後の半日をゆったりと過ごし、5時前に帰途につきましたが、もう日は傾いていました。秋の深まりとともに、日が短くなる「釣瓶落とし」です。これも時の移ろいを整然と刻む、コスモス・宇宙の営みの一つなのでしょう。

※「夢コスモス園」は10月29日まで開園、来春3月17日~4月29日には一面まっ黄色の「菜の花畑」として開放される予定です。
※冒頭の写真は「夢コスモス園」のHPから転載。

◆ 他の記事 

プレミアムフラワーの花コラム
コラムトップに戻る

コラムライターのご紹介

福田徹(ふくだ とおる)

元読売新聞大阪本社編集委員。社会部記者、ドイツなどの海外特派員、読売テレビ「読売新聞ニュース」解説者、新聞を教育に活用するNIE(Newspaper in Education)学会理事などを歴任、武庫川女子大学広報室長、立命館大学講師などを勤めました。
花の紀行文を手掛けたのをきっかけに花への興味が沸き、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのが趣味になりました。月ごとに旬の花を取り上げ、花にまつわる話、心安らぐ花の写真などをお届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。
お問い合わせ

法人のお客様へ 送料全国無料

ページトップへ