プレミアムフラワーの花コラム

2020.2.1

第30回:ぺんぺん草にも花はある〜ナズナからのエール

 ぺんぺん草は生命力が旺盛で、空き地や道端、畑など至る所で成長します。そこから「ぺんぺん草が生える」(荒れ果てた地の様子)、「ぺんぺん草も生えない」(何も残っていない状態)という慣用句が生まれました。

ぺんぺん草はナズナの異名

 恥ずかしい話ですが、そのぺんぺん草とナズナが同じであることは長い間、知りませんでした。雑草の代表のようなぺんぺん草と春の七草の一つであるナズナのイメージが違うので、別の植物と思い込んでいたのです。

 先月7日にスーパーで「春の七草セット」を買って、七草がゆを作りました。セットの袋には「せり、なずな、ごぎょう、はこべら、ほとけのざ、すずな、すずしろ」の名前が写真とともに印刷されていました。ナズナの代わりに「ぺんぺん草」と書かれていたら、「えっ、これを食べるの?」と思ったかもしれません。

小さな、白い、地味な花

 「花コラムなのに草の話?」と思われるかもしれませんが、ナズナも花をつけるのです。2月から6月にかけて、直径3mmほどの白い花を咲かせます。
 名前のいわれは、夏になると枯れて無くなることから「夏無(なつな)」、それが変化して「ナズナ」になったと言われています。また「撫でたいほどかわいい菜」ということで「撫菜(なでな)」が変化したという説もあります。
 七草セットの袋には、「(ナズナは)撫でて汚れを取り除くという意味があると言われています」と書いてありました。

「羊飼いの財布」「貧乏草」

 ナズナはアブラナ科で、草丈は10〜70p。果実(写真左)の形が三味線のバチ(写真右)に似ていることから、「三味線草」の異名が生まれ、さらに三味線の擬音語に草を付けて「ぺんぺん草」と呼ばれるようになりました。
 英名はshepherd’s
purse(羊飼いの財布)。羊飼いの財布は見たことがありませんが、三味線のバチと同じような形をしているのでしょう。所変われば、連想するものも変わってきます。
 ナズナを「貧乏草」と呼ぶ地方もあります。繁殖力が強いナズナの種子は風に吹かれて飛び、昔は茅葺きの屋根の上で芽吹くことがありました。ナズナは屋根の手入れが行き届かない貧しい家の屋根に生えるということが、名前の由来だそうです。

よく見ればなずな花咲く垣根かな

 こう書いてくると、「ぺんぺん草」や「貧乏草」には、余り良いイメージは湧いてきませんが、芭蕉は『よく見ればなずな花咲く垣根かな』と詠んでいます。ナズナがつけるのは、桜の花とは比べるべくもない、華やかさのない、小さな花です。それでも、目立たない野の草は野の草なりに懸命に生きている。その姿に芭蕉は感銘を受けて詠んだのではないでしょうか。

精一杯生きよう

 事故で頸椎を損傷して手足の自由を失い、口に筆をくわえて詩画や随筆を創作している星野富弘氏はぺんぺん草を見て、次の詩を詠みました。事故に遭ってから9年後、33歳の時の作品です。(詩画は参考図書「詩画とともに生きる」から転載)

  神様がたった一度だけ
  この腕を動かして下さるとしたら
  母の肩をたたかせてもらおう
  風に揺れるぺんぺん草の
  実を見ていたら
  そんな日が本当に
  来るような気がした

 人は人、自分は自分。自分なりに、精一杯生きよう! ナズナは私たちにエールを送ってくれているようです。

※参考図書
「身近な雑草のゆかいな生き方」(著者:稲垣栄洋、発行所:草思社)
「詩画とともに生きる」(著者:星野富弘、発行所:図書印刷株式会社)
※参考サイト
「ナズナ 公益社団法人薬学会」
「Tap-biz 貧乏草の種類の名前一覧」

◆ 他の記事 

プレミアムフラワーの花コラム コラムトップに戻る

コラムライターのご紹介

福田徹(ふくだ とおる)

元読売新聞大阪本社編集委員。社会部記者、ドイツなどの海外特派員、読売テレビ「読売新聞ニュース」解説者、新聞を教育に活用するNIE(Newspaper in Education)学会理事などを歴任、武庫川女子大学広報室長、立命館大学講師などを勤めました。
花の紀行文を手掛けたのをきっかけに花への興味が沸き、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのが趣味になりました。月ごとに旬の花を取り上げ、花にまつわる話、心安らぐ花の写真などをお届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

0120-99-4187(フリーダイヤル)
平日9時〜17時:
フラワーコンシェルジュ対応・電話注文
365日24時間受付:
緊急のご連絡・ご伝言

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF