プレミアムフラワーの花コラム

2019.4.4

第20回:カラーは様々なイメージを持つ花

 カラーが花屋さんの店先に並び始めました。黄、ピンク、紫と色とりどりですが、カラーと言えばやはり、ウェディングブーケになった白いカラーが思い浮かびます。花期は6月までなので、ジューンブライドが手にする機会は多くなります。

花に見えるのはガクの部分

 カラーは草丈15〜100cmの多年草で、襟(えり)のような円錐形の花を咲かせます。もっとも、これは花ではなく、仏炎苞(フツエンホウ)と呼ばれるガク(萼)が変化した部位。本当の花はガクの中にある黄色い棒状の部分です。

ひたすらに清く、清楚

 名前の由来は諸説があります。ギリシャ語の「Calla(美しい)」からきた。白いガクが修道女の服の衿(カラー)に似ているーなどといったものです。花言葉は「乙女のしとやかさ」「華麗なる美」「清浄」「清純」。花言葉や修道女を連想してか、ひたすらに清く、清楚な佇まいの花というイメージを抱いていました。ウェディングブーケの定番になっているのも、こうしたイメージがあるからでしょう

展覧会でイメージが変わった

 「清く、清楚なイメージを抱いていました」と過去形で書いたのは、2010年春に東京・渋谷で開かれた「美しき挑発 レンピッカ展」(Bunkamura、日本テレビ放送網、読売新聞東京本社主催)の作品解説を読んで、カラーのイメージが変わったからです。

アール・デコを代表する女性画家レンピッカ

 タマラ・ド・レンピッカ(1898〜1980)=写真=は1920〜30年代にかけてヨーロッパを席捲したアール・デコを代表する、ポーランド出身の女性画家です。激動の時代の流れに翻弄されながらも自由な生き方を貫き、独特の画風が注目されました。ピカソは彼女の画風を「統合された破壊の斬新さ」と評しています。

彼女がカラーの花を愛した訳は?

 展示された作品は個性豊かなものばかりでしたが、中でも「カラーの花束」(油彩、1931年ごろの作品)=写真=が印象に残りました。作品には、次のような書き出しの解説文(E.Bの署名)が添えられていました。

 『もしレンピッカが紋章を作ったなら、その中心にカラーの花を据えたに違いない。彼女の作品にはそれほど頻繁にこの花が登場する。レンピッカがこの花をこよなく愛した事実は、いったい何を意味しているのだろうか。』

 さらに解説文は、白いガクは無垢を表しているが、その中にある黄色い花は別のイメージを持つと指摘。異なる2つのイメージを持つカラーは、いわば彼女の苦悩に満ちた精神を反映するのではないかーという趣旨の考察を展開していました。

どこを見て、イメージするか?

 そう言えば、「清く、清楚な佇まい」というイメージは、ガクの白い色や形だけを見て連想したものでした。中心部の黄色い花に注目して見ると、内に秘めた力強いイメージもわいてきます。

 花にはそれぞれ、おおよそ定まったイメージがあります。しかし、花のどこに注目するかによってイメージは変わってきます。花の持つ多面性に、E.B氏の解説文が気付かせてくれたような気がしました。

相反するイメージを併せ持つ花

 カラーの花のイメージは? そう聞かれれば、以前なら「清くて清楚」と即答していました。今なら、それに「力強さ」「艶やかさ」「秘めたエネルギー」を付け加えたいと思います。相反するようなイメージを併せ持つのも、カラーの魅力ではないでしょうか。

※参考文献
「花言葉・花飾り」(編者:フルール・フルール、発行:池田書店)
「くらしを彩る花の本」(編集:講談社エディトリアル、発行:講談社)
※参考サイト
「美しき挑戦 レンピッカ展」公式サイト(レンピッカと「カラーの花束」の写真は、このサイトから転載)
「結婚式はカラーのブーケで大人エレガントに!」
「LOVE GREEN」

◆ 他の記事 

プレミアムフラワーの花コラム コラムトップに戻る

コラムライターのご紹介

テツ:

元大手新聞記者。社会部記者、海外特派員、テレビ解説者、編集委員などを務めました。
花が大好きで、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのを趣味にしています。
花を愛する皆さまに、花にまつわるお話、心安らぐ花の写真などを不定期ではありますが、お届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

フリーダイヤル:0120-99-4187
*電話注文・フラワーコンシェルジュ対応:平日9時〜18時
*納期等の簡単なご質問・緊急のお問合せ:365日24時間受付

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF
  • FAX注文書 ページ印刷用

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ