プレミアムフラワーの花コラム

2019.3.1

第19回:忘れな草は幸せを祈る花

 3月は卒業・別れの季節。『私を忘れないで』。花の名前がそのまま花言葉になった「忘れな草」に、思いを託した方もいらっしゃるでしょう。

名前は知っているが、どんな花かは知らない

 花の名前のインパクトが強いので、「名前は知っているが、どんな花かは知らない」という人も珍しくありません。かく言う私も、抒情歌「忘れな草をあなたに」(作詞:木下龍太郎、作曲:江口浩司)を聴いて花の名前を初めて知ってから久しく、忘れな草を実際に見たことはありませんでした。

♪別れても 別れても 心の奥に
 いつまでも いつまでも
 おぼえておいて ほしいから
 しあわせ祈る ことばにかえて
 忘れな草を あなたに あなたに♪

北朝鮮でも歌われる名曲

 1971年に女性コーラスグループのヴォーチェ・アンジェリカが最初に歌い、その後、倍賞千恵子、菅原洋一、芹洋子ら数多くの歌手が歌っています。ユーチューブで検索すると、北朝鮮の女性歌手が1、3番を日本語で、2番を韓国語でドラマチックに歌い上げる歌唱も流れてきます。国交のない北朝鮮では日本の歌は禁じられているはずですが、それでもなお国民の間で歌われているのは、名曲の証しとも言えます。

数多くの歌のテーマになった花

 この他、忘れな草がタイトルや歌詞に出てくる歌は「忘れな草をもう一度」(中島みゆき)、「Forget-me-not」(さだまさし)、「Forget-me-not」(尾崎豊)、「儚い指先」(KAT-TUN)など数多くあります。カンツォ―ネ「Non Ti Scordar Di Me(忘れな草)」は1935年のイタリア映画「忘れな草」の主題歌になって以来、世界的にヒットした余りにも有名な歌です。忘れな草ほど、歌や文芸作品のテーマに取り上げられた花はないかもしれません。

小さな可憐な花

 えっ、こんなに小さな、綺麗な花だったの? 知人宅のベランダのプランターの中で咲いている忘れな草を初めて見た時、その可憐さに驚いた記憶があります。ムラサキ科ワスレナグサ属。直径1cm弱の青紫、薄青色の5弁の花びらの中心部には、黄色と白色の小さな斑点がアクセントを付けています。花期は3〜5月ですから、これから楽しめる花です。

悲しい名前のいわれ

 名前のいわれは、中世ドイツにさかのぼります。青年が恋する乙女とドナウ川の河畔を散策中、流れの中の小島に生えている美しい花を見つけ、乙女に捧げようと川に飛び込みました。花を摘み、岸の近くに戻ってきたとき、こむら返りに襲われました。滝がすぐ近くに迫っています。青年は最後の力を振り絞って、花を乙女の足元に投げ、「Vergiss-mein-nicht!(私を忘れないで)」と言って川にのみ込まれました。

 乙女は生涯、この花を身につけ、青年を思い続けました。そして、この花は「忘れな草」と呼ばれるようになりました。英名「Forget-me-not」は、そのまま直訳したものです。

恋を成就させる魔法の花

 命を賭して愛する人に花を捧げた青年。その青年を死ぬまで愛し続けた乙女。2人の愛の姿から、花言葉は『私を忘れないで』のほかに『真実の愛』も生まれました。ヨーロッパでは、恋を成就させる魔法の花と信じられてきたそうです。

幸せを祈り合う別れ

 今年も3月には様々な別れが繰り広げられ、『私を忘れないで』という思いが交錯することでしょう。そして、もうひと月過ぎれば旅立ちと出会いの4月。新たな『真実の愛』が芽生えるときかもしれません。

※参考文献 「花の神話と伝説」(C.M.スキナー著、垂水雄二、福屋正修訳、八坂書房刊)、「空のほほえみ」(高橋健司著、新人物往来社刊)
※参考サイト 「ワスレナグサ=勿忘草」、「歌詞‐歌ネット」、「国立台湾博物館」

◆ 他の記事 

プレミアムフラワーの花コラム コラムトップに戻る

コラムライターのご紹介

テツ:

元大手新聞記者。社会部記者、海外特派員、テレビ解説者、編集委員などを務めました。
花が大好きで、花の名所を訪れたり、写真を撮ったりするのを趣味にしています。
花を愛する皆さまに、花にまつわるお話、心安らぐ花の写真などを不定期ではありますが、お届けします。

コラムへのご要望や感想をお寄せください

コラムで取り上げてほしいお花、地域などありましたら、ぜひお知らせください。
また、コラムの感想やライターへの激励メールなど、お待ちしております。

コラムの感想はこちらに

カゴを見る

プレミアムフラワーの花コラム

各種見本

  • 木札見本
  • ラッピング見本

その他情報

  • オプション一覧
  • ポイントについて
  • 更新情報
  • お問い合わせ
  • 会社概要

店長の挨拶

私共のモットーは、真心のこもった最高級の胡蝶蘭をお届けすることで、『贈る方』と『贈られる方』のいずれにもお喜び頂くことです。
胡蝶蘭の花言葉は「幸せが飛んでくる」。贈り主様からのお気持ちが伝わるように、できる限りのサービスを尽くします。

  • 当店のご紹介

ご注文方法

WEBで注文(24時間)

「カゴに入れる」ボタンを押してお進み下さい。

お電話で

フリーダイヤル:0120-99-4187
*電話注文・フラワーコンシェルジュ対応:平日9時〜18時
*納期等の簡単なご質問・緊急のお問合せ:365日24時間受付

メールで(24時間)

  • メールでお問い合わせ

FAXで(24時間)

050-3730-0701

  • FAX注文書 PDF